Home » 会社設立 » 役員と名義貸し » シンガポールで会社設立に必要な現地役員と名義貸し

シンガポールで会社設立に必要な現地役員と名義貸し

meigi kabunushi director

meigi kabunushi director

シンガポールでの現地役員(ローカルダイレクター)名義貸しサービスをご利用頂けます。

お客様のビジネスプランに合わせて1ヵ月300ドルからお気軽にご利用頂けます。保証金も必要ありません。

 

法人設立に必須!現地役員

シンガポール法人設立をする際には、「最低1人以上のシンガポールに居住している取締役が必要」 である制度があります。(取締役の人数は定款で定めることが出来ます)
現地役員(ローカルダイレクター)は以下の人を任命する事が出来ます。

  • シンガポール人
  • 永住権保持者
  • EP(労働ビザ Employment Pass)保持者

 

居住者の定義とは?

以下が通常居住者として受け入れられている定義です。

  • 上の3つの内のどれかである人
  • シンガポール居住住所の所有者
  • 長期滞在する事が証明出来る人

 

取締役の権限とは?

シンガポール会社法上、取締役とは代表権とは異なります。重要事項は基本的取役会で決められ、その内容が記載された書類には役員全員の署名もしくは会議が必要となります。

登記簿上は、名義貸しの役員も、日本の役員も基本的に 「Director ダイレクター」で表示されます。(他の表記も可能ですが権限的に全て同等と扱われます)

 

1ヵ月更新(350ドル)で借りるメリットとは?

私達のように「1ヵ月更新」で名義貸しをしているサポート会社はほとんどありません。
また法外な金額で名義を提供し、保証金を多額に請求するサポート会社が多く存在しております。私達は誠実にお客様のサポートをしたいと思っております。

お客様が労働ビザ(Epass)を取得された場合、お客様ご本人が現地ダイレクターとして登録が可能になります。
法人設立後、1年以内に就労ビザを取得される場合は、弊社の役員名義貸しサービスを1年契約ではなく月契約にされると無駄な経費が抑えられます。

例えば1年契約をした後に1ヵ月後に労働ビザが取得出来た場合、11か月分の名義貸しは必要が無くなり無駄な経費となります。

 

では、1年更新(4000ドル)で借りるメリットとは?

毎月更新にしていた場合、最初から1年契約をするほうが経費の削減になります。1年単位で名義貸しをされると、毎月更新に比べ、200ドルが無料になり毎月の送金手数料も抑えられます。

毎月更新350ドル x 12ヶ月 = 4200ドル
年間契約 = 4000ドル 200ドルお徳!

また3ヶ月更新、半年更新などの契約も可能ですからご相談下さい。

Q0

質問:シンガポールに知り合いがいません。労働ビザもまた取っていません。名義を借りることは出来ますか?

回答: はい。名義借りをご利用頂けます。労働ビザをとる予定があるのなら毎月更新の月契約$350をお勧め致します。しばらくビジネスがスタートしないのであれば名義貸しを半年や1年契約をお勧め致します。長いほど割引があるのでお徳です。

Q5

質問:シンガポールで労働ビザを持っている友達が現地役員になれますか?

回答: 要注意です。ほとんどの会社が雇用契約書状に他社の役員になる事を禁じています。友達の雇用契約書をしっかり確認する必要があります。また、ビジネス上何らかの問題が起こった場合、役員は一番最初に裁判所等に呼び出しに対応する責任があるため友達との関係に影響を及ぼす場合があります。ただMOMに申請をすることにより役員になることが出来ますからご相談下さい。

Q1

質問: 名義貸しを借りた場合、その人はビジネスに何らかの権限やビジネスに関与する立場になるのですか

回答: いいえ。名義貸し役員にビジネスに関与したり権限を与える事は出来ません。また銀行口座にアクセスする事も、小切手のサイン者になる事も出来ません。しかし、名義貸しのリスクを減らすため必要に応じて書類の提示を求める際があります。年間で名義貸し役員は決算書や株主総会(AGM)への署名になります。

Q2

質問:シンガポールの法定コンプライアンスに準拠していない場合どうなりますか?

回答: 現地役員(ローカルダイレクター)も海外役員(オーバーシーダイレクター)も、シンガポール会社法を満たすための法的責任と、説明をする責任を負っています。
法定コンプライアンスに従わない場合は、犯罪であり罰金や起訴の対象となります。

Q4

質問:名義貸しを利用する必要がなくなりました。解約しても大丈夫ですか?

回答: はい。契約が満了すれば解約して頂く事が可能です。新しい役員の情報を頂きしだい委任状の作成や登記機関へのファイルを行います。契約は自動更新ですので契約終了日の2ヵ月以上前にメール等の文章でお知らせ下さい。

company-director-must-always-act-in-good-faith

弊社の現地役員(ローカルダイレクター)名義貸しはお客様の新しいビジネスを金銭面でサポートするために保証金を頂いておりません。ですので、万が一支、名義貸しの支払いが遅れたり、弊社に名義上問題を与える恐れがあると見なされた企業への名義貸しは告知無く契約期間であっても名義を削除する手段を取る場合が御座います。また名義貸しの契約期間中の解約は出来ません。契約は自動更新であり、解約通知は1ヵ月前までとなっております。by ロミス

Print Friendly, PDF & Email