Home » コンシェルジュ(個人・法人) » 会社印 » 会社印(カンパニーチョップ)について

会社印(カンパニーチョップ)について

mixed_rubberstamp

ロミスサービス一覧

日本法人同様にシンガポール法人にも会社印があり、労働ビザ申請や政府機関へ提出する書類に捺印が必要になる場合が多々あります。しかし、日本の契約書や請求書のように捺印する必要はなく、企業により使い方が分かれております。またその会社印を日本のように印鑑登録をする必要も御座いません。

会社印は日本でいうシャチハタに近いイメージで、シーリングスタンプは実印に近いイメージです。

 

日本の社印とシンガポールの社印の違い:

図3

 

丸い20mmサイズの社印がシンガポールで主に利用されており、色は黒、赤、青からお選び頂けます。ほとんどがインク補充が出来るゴム印タイプが主流です。

弊社で会社設立をされたお客様には「シンガポール会社設立パッケージ」に無料で1つ含まれておりますが、追加でご注文もお受けいたします。

Print Friendly, PDF & Email