Home » 会社設立 » 現地法人設立 » シンガポール法人設立

シンガポール法人設立

会社設立 シンガポール マレーシア

1

シンガポールで会社設立をされたい企業や個人事業主はまだまだ増加しております。

そんながんばる企業を応援するためにロミスは適正な価格で日本人らしいおもてなしのサービスで対応できる存在でありたいと願っております。
沢山のお客様には、会社設立サービスだけにとどまらず就業ビザ取得や会計業務、バーチャル秘書サービスなどもご利用頂いており安くてサービスが良いと好評を得ております。

貴社の会社設立に関する全てのサービスは「会社設立まるごとセット」に揃っております。
このセットをお申し込み頂くだけで、シンガポールでの法人設立に必要なサービスが含まれているのはもちろんの事、設立以外に必要な銀行口座開設や登録用住所のご提供、1年間の会社用秘書役、シンガポールドメインの取得等も含まれております。

またその他にも様々なサービスも取り揃えておりますので、お客様の条件に合わせて必要なサービスだけをお選び下さい。
これにより無駄な出費を抑えることが出来ます。

設立後のITサポートもご好評頂いております。

会社設立をお急ぎですか?

もし、会社設立をお急ぎの場合はシンガポールに滞在中に数時間以内で会社設立をする事が可能です。
また、シンガポールに滞在していなくても1~3日以内に会社設立をする事が可能です。まずはROMIS(ロミス)にご相談下さい。

singaporeincorporationcompanyシンガポールで法人設立をする際には必ずシンガポール人、PR保持者等の名前を役員(ダイレクター)として登録する必要があります。

それ以外に労働ビザ保持者の名義でも登録は可能ですが、労働ビザを発行している会社(雇い主)の許可が必要であり、通常は雇用契約書に副業は認められていない旨、もしくは、他社の役員として登録する事が認められていない内容が記載されているのがシンガポールでは通常の契約形態です。

また、労働ビザ保持者を登記簿に登録する際には、ライセンスを持った会計事務所が登録をする必要があり、それ以外の手段で登録をした事実が後ほど発覚すると何らかの問題になる可能性がありますので専門家に登録を頼むことをお勧め致します。

また、法人役員(ダイレクター)として名義に登録するという事はこの法人に起こりうるリスクを負う可能性がある事を十分認識して頂き、必要書類にその旨サインをして頂く必要がございます。

以上のような様々な理由から設立の際は役員の名義を借りられる事をお勧め致します。

ロミスでは他社と異なり年間契約をして頂く必要も、保証金をお支払い頂く必要も御座いません。

気軽に1ヵ月から名義をご利用いただけるように毎月更新サービスとしております。

現地役員と名義貸しについては コチラ

Picture1

まずはお気軽にご相談下さい
Picture8クリック ロミスへの問い合わせページに移動します

よくある質問はこちらです。詳細はお問い合わせ下さい。

Picture4

質問:会社設立に最低限必要な条件とはなんですか?

回答:登記に最低限必要な条件は、最低1名以上の役員と株主、1ドル以上の資本金、秘書役、住所が必要なだけです。どれも名義貸しで設立することが可能です。

Picture6

Picture3

質問:シンガポールの企業形態の種類は?

回答:シンガポールでビジネスを始める時には、株式有限責任会社、保証有限責任会社、無限責任会社、外国会社、個人営業があります。

下記に各企業形態ごとに種類を記載しております。

Picture2

Picture3

質問:法人設立後、実際にシンガポールで働けるまでの流れは?

回答:会社設立は必要な情報と書類が揃えばすぐに会社設立ができ、最短で数時間から数日の間で設立が完了する事も可能です。

会社設立が終れば次は法人銀行口座開設です。弊社は専属の法人担当がついておりますので待ち時間もなく確実に口座を開く事が可能です。同時に法人デビットカード(マスターカード付き)やインターネットバンクも設定する事が出来ます。また通貨もシンガポールドルや日本円口座以外に様々な通貨での口座開設も簡単に出来ます。

現地法人ができるのと同時に労働ビザ申請する事が出来ます。弊社では確実に労働ビザが取れるように様々な方面から調査を行い変更を加え、細かい事前調査を行いサポートを致します。

また、労働ビザ取得後は、個人口座も開設出来ます。

労働ビザが無くても個人口座を開設する事も出来ますからご相談下さい。

123

Picture1

質問:会社設立に必要な日数は?

回答:通常であれば1週間から2週間ほどで会社設立が出来ますが、お急ぎであれば数時間から数日でも現地法人の登録を行う事が出来ます。

1111

1

質問:会社設立に必要な書類や情報は?

回答:会社設立に必要な書類や情報は非常に少なくパスポートと住所、電話、メールさえ頂ければ簡単に会社設立が出来ます。会社設立をした後にその内容は簡単に変更できますから気軽に登録出来ます。

また、会社設立の際は、現地役員(ローカルダイレクター)や株主(シェアホルダー)、登記用住所が必要になりますがこれらを月単位でご利用頂けるサービスも取り揃えておりますのでご安心下さい。

1) 登録されたい会社名候補を3つ

  英語の小文字はなく全て大文字で登録されます

2) 資本金額 1ドルから設立可能!

  設立後いつでも増減資が可能 様々な通貨の資本金が利用可能

3) 株主(シェアフォルダー)個人・法人可能 名義貸しサービスあり!

  パスポート、名前、住所、電話番号、メールアドレス

4) 海外役員(ダイレクター)

  パスポート、名前、住所、電話番号、メールアドレス

5) 現地役員(ローカルダイレクター)名義貸しサービスあり!

  IC,名前、住所、電話番号、メールアドレス

6) 登記用住所 パッケージに無料で込み!

  シンガポールの住所のみ

7) 登記用業種

  2業種まで登録可能 後日変更可能 業種の詳細が必要

 「担当は、シンガポールの専門家 竹内 弘美がサポート致します」

Team1

シンガポール在住8年、幅広い経験、知識、人脈を持つマルチタスカー
東南アジア市場の最新情報にも精通しているシンガポール市場の専門家

シンガポール会社設立の専門家、業種を問わず大小様々な企業や起業家を中心に100社以上もの法人設立をサポートしてきたプロフェッショナル。銀行とも強いネットワークを持ち口座開設は100%成功、労働ビザなく個人口座も開設するなど様々なノウハウを所持

誠実で仕事が速いと評価が高く、
設立後も各企業のビジネスパートナーや役員、マネジメントに抜擢され
多くのプロジェクトに同時に携わり信頼度が高い

総務サポートも細やか、会計、税務業務のみならず、ITサポート、不動産、市場調査、ご家族のサポートまでと幅広いマルチタスクの持ち主

著作実績:
月刊「広報会議」 現地レポートASEAN市場デジタル入門 日系企業の成功事例 掲載
シンガポール情報ウェブサイトにて1500件以上のレストラン評価を継続掲載 レストランを知り尽くし、接待アレンジが得意で高好評を得ている。その他、東南アジアに関するビジネス情報を月に10本以上連続掲載中

 

 

 

上記の流れはあくまで標準的な目安です。ACRAシステムメンテナンスや会社名重複などによる登記の遅れ、銀行の 判断による法人口座開設のリジェクトなどによる法人講座開設の遅れ、職歴、学歴、月収、役職などによるMOMの判断による就業ビザの取得リジェクトなど、様々な各諸条件により実際に必要とされる時間や日数が異なる場合が御座います。by ROMIS

Print Friendly, PDF & Email